2009年9月26日土曜日

9月25日

最近秋晴れの天気が続いていますが、今日はちょっと暑い日でした。お昼過ぎには夏並みの暑さに。
森にはいつもよりも沢山の、新しい顔のメンバーーが戯れていました。

すごいんですよ、これ。本格的な、砂場の中にできた川なんです。
ホースが砂中に埋められていて。常に川は水を湛えている。いつも腕白に森の中を走り回っている子達が居ないな~と思ったら、本当に真剣な顔をして、更に土手を作っていました。
写真を撮るよ~と伝えても、知らん顔でした。


今日の仲田鍋は中華風スープ!!「味付けほんっと緊張するんだけどぉ~・・・」と具のたくさん入った給食用(くらい大きい)鍋を前に叫んでいるAさん。

「初めて卵20個も割ったよ~!!」



ちなみに今日のスープの中身は・・・にんじん、大根、株、エリンギ、たけのこ、ごぼう、茄子、たまねぎ、 とうもろこし、きくらげ、えび、春雨、えのき・・・まだまだあります・・・今日もほんとにおいしかった!!


N画伯。真剣なまなざしでお絵かきコーナーに入り浸っていました。完成したのがこの絵。虫博士で、お気に入りのクワガタの絵をやっとこさみせてくれました



どこからかシャボン玉が流れてきました。

絵になります。



ランチ後は、そこここでガールズトークの始まり。

ちょっと先輩ママさんが「塾」について話してくれたり。

「塾っていく必要あるの~?」「戦争のこととか話してくれるおじいさんがやってる塾とかね~。」「え~そんなのあるの~!??」

という声が聞こえてきました。
「トイレに帰ろうかと思うくらい近所に住んでいて、今日初めて鍋を食べたんですけど、いいですね、この企画。」
「子どもの羽目をはずしたおふざけを、心の余裕のないときだと、受け入れがたいんだよね・・・どう対応してる?」「うちはね~・・・」
「(母が、ではなく、子どもが)同じくらいの年ですかね~、何歳ですか?」「うちはもうお昼寝しなくて・・・」

色んな会話が聞こえてきます。


今日は羽村から、電車を乗り継いで、はるばる足を運んでくれた親子も。

素敵なママさんとお嬢さんたちでした。またきてくださいね。竹ドームの屋根にビニールシートが、床に板が敷かれました。


早速家に見立てた遊びが始まっていました。育児のほんと些細なことでも、ここでなら、なんとなく、気取らず、気持ちを話せるのが不思議です。

たとえ初対面でも。


「同じ釜の飯を食った仲間」感があるからですかね。

集まっている親子には、整備された公園でとは違ったリラックス感があるなあ、となんだかいつも感じます。

子どもものびのびと、親ものびのびと、森林浴をし、きれいな空気を吸い、身体もほぐれ、育児やいろんなことの話をし、美味しい鍋も口にし・・・。ちょっとネックなのは、
まだいる蚊、くらいですかね。

でも、これも気になるなら、長袖長ズボンで防げばいいし。
森に集まっている皆さん、今日も素敵な出会いをありがとうござました。                                    fairyでした。





2009年9月25日金曜日

9月18日

はっきりしない曇り空。長袖が多くみられるようになってきました。








水辺を中心に彼岸花が満開に。鮮やかな赤と緑とのコントラストがとてもステキ☆


眺めていてふと気になりました・・・このお花、お彼岸に合わせて必ず咲くのはなぜ?

で、調べてみました。彼岸花は根で繁殖するため、全てクローンのようなもので気候に左右されないそう。温暖化とは無縁なお花もあるんですね。

畑は豊作が続いています。「なかだ鍋」の具としても貢献してくれてるんですよ♪

しかし今日は様子が違っていました。

森の中の水路が氾濫して水が畑まで流れ込んでいたんです。慌てて畑の周りに土手を作り、水が流れ込むための穴を掘ってと大忙し。

気づくのが遅かったら畑が水没してたかも・・・。被害が少なくてなによりでした。








この木は推定樹齢100年のイチョウだそうです。近くの整地作業により切られたばかりで、森に運ばれてきていました。

切り口を触るとまだしっとりとしていてさっきまで生きてたことを実感。切られてしまってもったいないなぁというのが感想でした。

作業をされていた方(自然を守る活動をしている団体)のご好意で、森に来ていた親子に見せてくれたんです。一部は「桑ハウス」におかれるそうです。ぜひ触ってみてくださいね。


 


あっという間に午前中が終わってお昼ご飯。今日の「なかだ鍋」は普段と違って中華味♪とっても美味しかったです。

心も体も温かくなった後は、のんびり時間が流れていきます。





お菓子作りが得意のNちゃんが手作りのマシュマロを持ってきてくれました。大人も子供も「美味しい!」と大絶賛。いつも美味しいものをどうもありがとう☆








じゃがいもの種イモを植えました。子供たちがそれぞれ種イモを大事そうにもって植えている姿が可愛らしい♪




肥料をまいて、優しく丁寧に土をかけて完成。いっぱいジャガイモが取れたらどうやって食べようか??収穫が楽しみですね!




鍋の中で炒められているのは、なんと『イナゴ』!!前日にKくんたちがほかのバッタには目もくれずに河原でたくさん捕ってきたんだそうです(笑)

食べたことはあるけど、料理してるところをみるのは初体験の人がほとんど。子供たちは羽と足を取り、ごま油で炒めるのを目を輝かせて作業する中、お母さんたちは苦笑い。甘辛く味付けして完成しました。

「食べたーい!」と盛り上がる子供。対照的に大人は「誰食べる?」という雰囲気。恐る恐る食べてみると香ばしくて意外に美味しい。

「命の授業だよね」と言ったお母さんの言葉が印象的でした。普段食べているものみんな命をもらってるんだってこと忘れがち。『いただきます』『ごちそうさまでした』を子供にもきちんと伝えて大切にしたいですね。子供も大人も良い勉強が出来ました。

                                不二子。

2009年9月17日木曜日

9月12日 ♪手作り楽器であなたも森の音楽家♪

雨もたま~に降る中、集まってくれた沢山の子どもたち、お父さん、お母さん、そしておじいちゃん、おばあちゃんまで!みんなで思い思いに竹で楽器をつくって、なんとみんなで合奏まで楽しんで!かぼちゃたっぷりおいしい仲田鍋、焼きたてねじねじパン、入れたてのリッチなクリーム入りコーヒーに紅茶に手作りのスコーンに焼き栗、ハイジのブランコに、オカリナとハープの心地よい音楽に・・・と楽しみも盛りだくさん!
























でもねえ、竹で楽器を作ろう!といっても、竹でどんな楽器が作れるかなあ、と思ってまして。










それなりに、ドラムとか、打楽器とか、パーカッションとかで遊んできた自分でも、「こんな楽器が出来るかな?」と考えられる範囲は意外と狭く・・・。これでは楽器を触ったことがない人は、もっとイメージがわかない!と思って、探してみました、竹の楽器を。

でも、探してみると、出てきますねえ、世間には、そして、世界には竹の楽器を楽しんでいる人が沢山います。そこから、いろんなアイデアとイメージをいただいて、こんな楽器が作れそうですよ、と紹介したら、みんな思い思いのアイデアを使って、すばらしい楽器がたくさんできました!

シェイカー:私は小さめのかわいいシェイカーを紹介したら、出来たのは、みんな直系10cm、幅20cmはあろうかという大物ばかり(笑)がさがさとダイナミックな音が!

カズー:簡単に作れて、ブーブー音がするから、大人気でした!参加者のおじいちゃんから竹笛の作り方も教わり、それもあわせてブーブー、ビービー、楽しかったです。
ギロ:ちょっと作るのが難しいかな?と思っていましたが、一部に大人気!お父さん、お母さんもがんばって様々なギロが出来てました。長~い竹の一部を太鼓にしたり、どこにどう穴をあけたらよく音が鳴るか、なんて研究熱心なお父さんも!









トガトン:竹を切り出すだけで出来る素敵な楽器。フィリピンの民族楽器でとても竹らしいみずみずzひい響きが特徴!これをみんなで演奏したら、すごーく気持ちよかったです!

風鈴:カラカラカラ・・・と涼しげな乾いた音が心地よいです。時間をかけながら、慣れない工具と格闘してこんなすてきな風鈴を作り上げた子がいました!!








他にも色々なアイデアの楽器が生まれて、みんな予想以上に楽器作りに熱中してました。うれしいうれしい。
さて、午後はせっかくだからみんなで作った楽器を演奏しよう!というセッションをやりました。いきなり演奏?しかも合奏?と思っていた人もいたでしょうが、大丈夫!!みんなで楽しくリズムで遊びました!その秘訣はドラムサークル!実は日野市でも定期的に開催されている活動です!














楽器に触ったことがない人でも、自然とみんなと一緒にリズムに乗れて、一緒に演奏できてしまうなんとも不思議で素敵なリズム遊びです!このドラムサークルはアメリカで発祥して、世界中に広まっている活動。誰もがリズムに乗って楽しめるのはもちろん、太鼓や打楽器を叩くことで、リフレッシュできたり、ヒーリング効果があったり、一体感が生まれたり、と医療・介護・教育・チーム作りなどなど様々な分野で注目されている活動です。乳幼児のお友達とどこまでできるかな~とちょっと不安もありましたが、これが大成功!みんなで演奏を楽しむだけでなく、何人ものお友だちがみんなの演奏をリードすることまで楽しみました!


ドラムサークルは今回だけにとどまらず、これからも森の遊びの一つにしていきたいと思ってまーす!




























そして、ゆみちゃんと歌おうのコーナーでは、「大きな歌」 「虫の声」をみんなで歌いながら楽器演奏も楽しみました。アンコールで「チューリップ」や「ドレミの歌」も楽しんじゃいました!
終わってみれば、楽器作りもリズム遊びもこんなに一緒に楽しめるなんて!と予想以上に楽しかった一日でした。
これからも森で音楽をもっともっと楽しむぞー!!     あっきー


2009年9月16日水曜日

9月11日

    森はゆっくりと秋を迎え、みんなの装いの袖も長くなってきました。でも、まだ蚊、いましたよ~。



芸術の秋。今日はお絵かきコーナーが出来ていました。子どもたち、描くことに飢えている??
クレヨンの取り合いも、年長のT君が交通整理をしてくれます。





 今日から給食で使うような大きな大きなお鍋がお目見え☆
みなさ~ん、これから益々おいしい仲田鍋、おかわりも沢山できそうですよ~! アレルギー対応鍋あり。小麦、大豆除去鍋などありで、うれしい配慮です。






鉈で薪を割ったり、鋸で古材を切ったり、火を内輪で仰いだり。火おこしの準備は、子どもに人気のある遊びのひとつ。
因みにHちゃんのしている軍手←は、子どもサイズの軍手で、ホームセンターなどで一組50円で手に入るそうなので、うちも買おっと。




子どもサイズの手に合った鋸で、「辛抱強く同じところを切るのよ~」「シンボウヅヨクって、何?」「う~ん、そうね~、ぐっと我慢して」「前後ろ前後ろって何回も」「くたびれた~」手ごたえを感じられるまでには、時間がかかる作業。




「あっちにブランコが出来たよ!!」という興奮した声に誘われて行ってみると・・・森のブランコ第二号!滞空時間の長いこと!






参加者は、適当な量のお好みのお鍋の具を、予め家で切ってタッパーなどに入れて持参し、準備ができたら、そこに投入!
鍋ものがおいしい季節になってきましたね~。
なのに、ハッスルして半そでで参加した私は、 肌寒くて、ほんとうにありがたかった、汁物が。
振り向けば、周りはみんな長袖、ヤッケも着ていました。


今日はごろんと大きなじゃがいもも入っていました!市外から二回目参加のY君のママも、「今日はY,ばくばく食べてたよ~♪」と満足げ。ほっかほかほっくほくでおいしかったぁ。全部で何十種類の具????? うちでは到底食べられぬ美味。
あとは、隣のJちゃんのおわんには、当りのちくわぶが!「得した気分になるよね~」ちくわぶにつられて、わが子も食が進んでいました。

昼下がり、
やさしい陽の光の中、一輪車が二台
姫を乗せて、ゆっくりゆっくり。

多摩都市モノレールを見たら折り返し。
また、ゆっくり、ゆっくり戻ります。
          
     腱鞘炎だったママ、大丈夫?どうぞお大事にね。
次回9/18金曜日、午後一時頃から、森の畑にジャガイモの種芋を植えます。一緒に畑仕事で汗を流したい方、お気軽においでください☆

 ああ、今日も心地いい疲れと、煙の香りを身にまとい、帰途に就きます。

 明日は初めて森のイベントに参加してみます。楽しみだな~☆


                                      fairyでした。



2009年9月9日水曜日

9月4日

夏休みも終わり久々の「なかだの森で遊ぼう!」開催日♪

ウキウキしながら森に足を踏み入れると少し落ち葉が増え、木漏れ日も多くなったような・・・秋が近づいているのを実感。「自然体験広場」として夏仕様になっていた森の中も、片付けが終わっていていつもの風景に戻っていました。



「おはよう!」と元気な声とともにお母さんと子供が集まりはじめます。


どの子も少し会わなかった間にお兄ちゃん、お姉ちゃんになった気がする!背が伸びて日焼したせいかな。


「Yちゃん大きくなったね」とお母さんたちに話しかけられ、自分では気付かなかった子供の成長を教えてもらった私。「夏は子供を成長させるね」とAちゃんの言葉に納得しました。



入り口付近ではマダケの切り出しに奮闘する子供達の姿が。「トラが出てきそうだよね」なんていいながら竹藪に入り、竹を切る眼は真剣そのもの。自分の身長より何倍もある竹を切って軽々と運んでました。力持ちだねー。






女の子だって負けていません。







こんなお客さまも。







枝うちも協力してやっていました。みんなやりたくて順番待ちするほど。小さい子もお母さんにのこぎりの使い方を教えてもらってお手伝い。


のこぎりで切れた時の嬉しそうな顔が素敵!充実感で眼がキラキラしていました☆



切り出した竹は9月12日(土)に開催される「手作り楽器であなたも森の音楽家!」の中で素敵なものを作るそう。どんなものかは当日のお楽しみ♪詳しくはこれまたステキなチラシをご覧ください。(事前申し込み要)



畑ではナスとピーマンがまだまだ沢山実をつけて頑張っています。


今回は「片手つかみ取り 1回¥30」とゲーム感覚。お母さんが手を大きく広げて挑戦してました。腕の筋が真剣な証拠ですね(笑)


夏に植えたニンジンも暑さに負けず成長中。再来週にはジャガイモを植える予定だそうです。興味のある方、どんどんご参加ください!




「なかだ鍋」をみんなで食べた後のかまどではお母さん達が竹を燻していました。これも土曜日のイベントの中でパンを焼くのに使うそうです。自分で焼くから子供も楽しく、とっても美味なんですよ♪まだ体験されてない人は一度ご賞味あれ!!



どこからかロープを見つけてきて電車ごっこのはじまりはじまり。

小さい子のグループは「がたん ごとん」とみんなで走るだけで大盛り上がり。

大きい子のグループは車掌さんがいたり、「乗りまーす!」「どこどこ行きでーす!」と本格的。

誰に教えてもらうわけでもないのに、道具は同じでも遊び方は成長とともにより高度になるんですよね。 子供ってやっぱり凄いわ~。


そろそろ帰ろうかな・・・と思い始めたころ、なにやらいい匂いが。お母さん達がおやつに『あんこ巻』を作ってくれていました。優しい甘さに癒され、お母さんも子どもも久々の森を満喫してみんな良い顔してました♪

                                     ★不二子★