2010年1月25日月曜日

1月22日

寒い中でも日差しが暖かくて良い気持ち。ここに来ると気持ちが穏やかになるんです。
家を出るまでは準備にバタバタ、子どもの態度にイライラしながら悶々としてたのに・・・。
心のゆとりが出来るからなんでしょうか。不思議です。




木に葉っぱがなくなり木漏れ日いっぱい。
自然に感謝することって普段忘れてしまってるのに「お日様ありがとー!!」って言いたくなるのもここならでは。



なんともかわいいおすわりの二人組。ほのぼの。



その横ではお母さん達が今日のお鍋の支度を手際よく進めています。お料理上手なお母さん達に脱帽。



子ども達と遊んでくれているYくんのリヤカーは大人気。と、思ったらちょうど車内トラブルにより停止中。Nさんの仲裁によりすぐに復旧しました(笑)


畑の小松菜とスナックエンドウを植えてから1カ月半、ここまで成長しました。
でもこのままではみんなで食べられるぐらい大きくならない為、間引きすることに。
この作業「命のオークション」と某テレビ番組で言っていたのを思いだします。
やってみると本当に辛い作業でした(涙)
「こんなに大きくなってるのに抜かなきゃいけないの?」

「どれも選べない・・・。」
「かわいそう・・・。」
大人3人で命を噛みしめながら作業しました。

心を痛めながら作業を終え、せっかくだから食べてみようということに。

まず小松菜(写真下段)を洗って生で食べてみると甘い!
スナックエンドウ(写真上段)も食べられそうじゃない?とAちゃん。
食べると思いのほか甘くて美味しい♪ほんのりエンドウマメの味がするんです。
Kくんがリヤカーで小松菜屋さんをして全部みんなのお腹におさまりました。
作業は辛かったけど、優しい味わいをみんなで食べれたのは良かったかも。


落ち葉のシャワーは気持ちいい?


先日講座で出会った時に鍬が壊れている話をしたら、ボランティアで来て下さいました。


手際良く作業しながら、鍬の直し方と正しい使い方をレクチャーしていただきました。
これで新しい畑の開拓もスムーズに進みそうです。
人の出会いや繋がりは財産ですね。本当にありがとうございました!


そしてお昼。森が少し静かになる時間です。今日のお鍋もサイコー♪
お母さん達に感謝感謝です。



定番ののこぎり。みんなとっても上手!




正月飾りをお焚き上げしていました。お団子準備してきてどんど焼きしてもよかったなぁ。


引き続きスズメバチの駆除作業中です。
森にいつもボランティアで来て下さっているおじさんも加わって作業をすると・・・


カブトムシとクワガタの幼虫がこんなにたくさん出てきました。
男の子達は持ち帰って家で育てるそう。夏が楽しみだね。



落ち葉のこたつはあったかーい♪



リクエストにより絵本タイムが始まりました。読んでいるのはお母さんです。
森の子どもたちは絵本が大好き。自然の中で読むからなのか集中力が違います。



よっこらしょ・・・。落ち葉のじゅうたんで倒れてもあんまり痛くないかな?

また来週の「なかだの森」を楽しみに1週間頑張ろうと思った不二子でした。


2010年1月18日月曜日

1月16日(土) おもちつき

  
     ご、ご、ごめんなさいっ!!

すっかり更新遅くなってしまいました。マンボです。 本当にごめんなさい!

最近息子の昼寝がなくなりつつあり、どうも生活リズムが掴めない母子で
結果、2人で仲良く早々爆睡の毎日。あぁ~(泣)
おまけに最近えらい母さんっ子の息子にイライラがつのる。あぁ~(泣)

なんだかいろいろ上手くいかない日々に先週はかなりキリキリしてたのですが
  
     あぁ~森って本当にいいところですねぇ(水野晴郎風)


金曜の森にだいぶ癒され、週末夫に愚痴ってだいぶスッキリ(笑)
さぁ、今週も頑張るぞ~。


。。。と、すっかり前置きが長くなってしまいましたが、
先日の16日土曜の森では、

  楽しい楽しいおもちつきが行われました!(強引な展開)

我が家も家族3人ではりきって遊びに行ってきましたよ。
最近では杵と臼のおもちつきなんて
保育園とかに通ってないとなかなか見れませんもんね。楽しみ~

で、到着すると.....


               おぉ~なんかワクワクするねぇ~

で、働きもののお母さん方の姿が。



で、その横に子供達が集まって何やら騒いでるぞ。
なんだ?なんだ?



どうやら(森の名物)おじいちゃんの手土産に大興奮の様子。
なんだ?

 

                 か、かに!沢がに!

本当ここに来ると家じゃなかなか見れないものに出会えるんですよねぇ。
びっくりしました。
そしてこのおじいちゃん!
おじいちゃんのそばに居ると、学べる&笑えます(笑)
是非是非体感してみて下さい。はまりますよ~

で、その横では


                   どんどん焼き?!

しめ縄らしきものが燃やされていました。
本当ここに来ると何でも見れます(笑)

お、そうこうしてる間にいよいよ始まるみたいです。



なんでも、この最初のこねる作業が一番大変なんだとか。
頑張ってください!
で、


                  よいしょ~!よいしょ~!

始まりました。森に気持ちのいい音が響きます。ん~なんかいいですねぇ。

  
                   僕だって!私だって!

女子に男子に子供から大人までみんなで頑張ってつきました。
私もやらせてもらったのですが、杵って結構...いやかなり重たい!
見てると簡単そうなんだけど、あんなにリズムよくやるのはなかなか難しいものでした。
これもまたいい経験。
ご指導くださったSさん、ありがとうございました!

で、 みんなで頑張ってついたお餅は...


                  こんな愛らしい姿に!ステキ!

その他、豚汁風お雑煮?お雑煮風豚汁?
お餅が入ってる豚汁ヴァージョンもあり。ス、ステキすぎ!

     いやぁ~本当に美味しかった~

みんなもモリモリ食べてました。






美味しい空気に、美味しいお餅!なんたる幸せ。
こんなステキな森や、こんな楽しい日本の伝統行事を
これからも残していきたいなぁ~いやいや、残さねば!
子供と一緒に楽しみながら残していこうと改めて思った一日でした...とさ。
ペッタンコ。

                          ☆マンボ★☆

1月15日

今朝は珍しく早くに行ってみました。っていっても10時半くらい着。まだ寒い。


畑の隣の木登りが大好きな長男に引っ張られ、裏の・・・沼といいますか、万年水溜りといいますか・・・
に近づいてみると・・・
分かります?


なんと1.5センチくらいの厚さの氷!!長い棒で押しても、つんつくつん。
応答なし。まだまだ頑丈な氷。
大人の力で押すと、ミッシミッシといいますが、なかなか割れません。

私の足を乗せても砕けない。
氷を独り占めしたい長男を誘惑し、スケートの話やワカサギ釣りの話など氷に纏わる冬の風物詩の話をしながら・・・




砂場の方に帰ってみると、向こうに新幹線ごっこをしている一団が。乗客はどんどん増え、駅弁まで売られていました。(枯葉の駅弁)


乗客①(大人、気分を盛り上げようとちょっとウキウキした感じで):ガターン、ゴトーン!♪ 乗客②(子ども):新幹線はガタンゴトン言わないの! 乗客①:あ、そうか。(盛り上げたつもりが出鼻を挫かれる。)

男の子の車掌さんは大張り切り。



朝は寒かったけど、段々日が昇るに連れて、陽だまりはほんとにあったかい。
大好きなAちゃんと。赤いニット帽を愛用している女子同士。ニット帽も暑いくらい。
日向で森林浴も、森での素敵な過ごし方。


今日もよりよい滑り台を建設中。子どもたちの喜ぶ顔が見たくて。母たちがんばる。

「お鍋,出来ましたよ~♪」

待ってましたぁっ!!すぐに人が並び始めます。

今日も仲田鍋は美味しかった!みんながもってきてくれた具材満載の美味しいあったか~いお鍋。

誰かが麺を持ってきてくれたみたい。おわんに麺が入ってると、なんだか当たりな気分です。子どもたちも大好きです。

遊びに来てくれたご高齢のおばあちゃん二人組み。「いいことをしてますね~、これはいいわ~」と森で遊ぶ子どもたちを見て感心。


子どもたちを魅了したパンの本。みんな真剣そのものです。

午後三時くらいでしょうか、絵本の読み聞かせガ始まります。仲田鍋をお腹いっぱいいに食べたら、眠くなって、お昼寝に帰る・・・

そんな親子も多いのですが・・・・・


早めにお昼寝を済ませたお子さん、幼稚園を早めに終えたお子さん、そんな皆様。
絵本を目指して森にいらっしゃるのはどうですか??

毎回、とっても魅力的な本が登場しますよ。



そうそう、先週の帰り、夕方、仲田の森最寄の信号付近を、森に帰宅する狸が歩いていました!
家は森の中のどこ!!?
仲田の森に狸が住んでいるなんて、知らなかったです。



元々 狸が住んでいた森。体育館が出来るようになると、遊ぶ場所が減るなあ、新しい場所を開拓しなきゃなあ、どこがいいんだろう?なんて思っていたけれど。ちょっと待って。


人間だけの森じゃない。


「平成狸合戦ぽんぽこ」を現実的な目線で見てしまう・・・とEちゃん。


森で遊ばせてもらってるという気持ちを忘れてはいけないなあ、と狸の後姿を見て思ったのでした。

以上fairyがお伝えしました。

2010年1月15日金曜日

☆お餅つきのお知らせ☆

なかだの森、1月16日(土)に、

「アウトドア餅つき大会」

を計画しています。


実費(いくらかは当日お伝えします)で、来て下さった皆様に、
お餅を、豚汁風のお雑煮 or きな粉もちにして召し上がって頂こうと思っています。


杵と臼で本格的なお餅つきだそうなので、楽しみですね!

どうぞ、ふるってご参加を!

sunny

2010年1月13日水曜日

2010年 1月8日(金)


ブログアップするのが遅くなってごめんなさいっ!!
sunnyです。

今年はじめのなかだの森、すっきりした青空に日差しもちょっぴり暖かく感じられるお天気でした。
久しぶりの森にドキドキの息子と出発です。




「今年もよろしくおねがいします~」なんて声が交わされる中、子どもたちは…


わ~!
Y君は塀の上をすたすたと歩いていました!
高いところは見晴らしがいいものね。






森の中のつるブランコ発見!

子どもの足がちゃんと届くちょうどいい高さ。






さて、おとなたちは…

切り株にスズメバチの巣があったので、駆除をしてくれていました。

 




こちらの小さな切り株も、ハンモックをやる時に危ないので取り除いてくれていましたが…

思いの外、根っこが深くて大苦戦!!

お疲れさまでした。
そして、いつも子どもたちが安心して遊べるように配慮をしてくださって
ありがとうございます。
自然の中でのびのびできるのも、こういった気配りの積み重ねで成り立っているんですね。



あっちの方で、おもしろいもの作ってるよ~
と教えてもらったので、いそいそとカメラは潜入。


これは何を作っているところかな?
釘を抜いたりしているけれど。





なるほど!

はしごでした。

こどもたちは早速すべり台にして遊んだり、楽しそう。






  そうこうしている間に、お昼のじかん。
  今日のお鍋は中華風のようです。

  もくもく沸く湯気って心なごみます。
  
  冬のすてきな風景。



  「塩味にしてみるとか?」 「これぐらいの量でOKかな」

  この時、いつも味付けしてくれてるお母さん方がいなくって、
  あれこれ試行錯誤してくれていたお母さんたち。

  こういうのって楽しいですよね。
  家で作る時は、日々の忙しさにただの作業になりがちな料理。
  本当は一番おもしろい家事のひとつなのに。
  
                     みんなで作ると改めてその楽しさを思い出させてくれます。



いっただっきま~す。

日差しがあるとはいえやっぱり寒いので、あたたかい汁物はほっと
します。

今年もたくさんの人でにぎわいますように。




なかだの森には、お昼を食べるスペースとしてテーブル、
ブルーシートもあるけれど、この階段もいい感じです。







腹ごしらえをしたら、さぁ~あそぶよぉ!
びゅん、と一瞬視界をよぎったと思ったら…

高速リヤカー(笑)   子どもたち、大喜び!

全力で駆け抜けるなんて、若さって素晴らしい。

やじ君、お疲れさまでした。

おかげさまでとっても盛り上がって、見ているこちらまで楽しくなりました。

でも筋肉痛になったのでは…



トントン、トントン

リズミカルな音が聞こえるほうへ行ってみると、
木をとんかちで叩いているK君がいました。

虫を見つけるのが得意なんですって。



どれどれ?

わぁ!
小さな幼虫がいました。
暖かくなる春まではこうして眠っているんだね。

よく見つけるなぁ。子どもの視点はおもしろい。





新登場の焚き火用ドラム管がお目見え。
森の木や、いもむし君の絵がパンチングしてあって可愛らしいんです。

なんでもどろんこの国の方が作って下さったとか。

からだが温まれる場所がまたひとつ増えて感激!







もちろん、子どもたちにとっては

格好の遊び場と化するのです。







燃えろ、もえろ~!!

燃料のおちば、いくらでもありますからねえ。








こちらはお店屋さんごっこ。


おちばをたっぷりいれて、野菜のお鍋です。いかがですかー?





午後1時を過ぎた頃、日差しも少なくなると寒くなってきます。
あと少し遊んだらうちへ帰ろうかな。

今年はどんな1年になるでしょう。
もうすぐ工事が始まってしまうので、静かな森はあとわずかなのでしょう。
なかだの森は、子どもたちが主役になれる場所。
おとなだって、子どもの頃の自分に出会える場所。
みんなで育てあい、育ちあう場所。
あの頃できなかったやってみたかったこと、子どもに返ってやってみたり。
子育てのこと、不安なこと、誰かに話してみると、またがんばれそうな気がしてくるはず。
この素敵な森に、今年もたくさんの人が出会えますように。

sunny