2010年3月28日日曜日

3月26日(金)

おととし6月に“子どもが主人公の居場所”をめざしてスタートした「なかだの森であそぼう!」。
今年度は通年で開催できるようになり、1年を通じて森の四季を体感できました。
そんな1年も今日が最後の開催日。
森の活動にとっては一つの通過点,でも4月から新生活が始まる方にとっては特別な1日だったかもしれません。
そう,そうなんです,私にとっても今日は最後の金曜の森!
という訳で朝からあれもこれも森でやりたいことが満載でして・・・
子どもと遊びたい,穴掘りたい,写真も撮らなきゃ,みんなと話もしたい!!!
と思っていたらあっという間に時間が過ぎてしまいました。

で,今日は4月9日(金)に予定されているイベント「絵本の扉」の準備のため,母達は朝早くから予行練習。
こんな材料・道具に・・・
特製薪オーブン!
かぐわしい香りが辺り一面に漂います。
何ができるか?は4月9日をお楽しみに♪
皆さんの参加を心待ちにしております。

そんな母達を応援する子ども達。
カエル達・・・!?

今日は春休みに入った幼稚園のお友達がたくさん。
カラフルなシートが(いつもは地味な?)森に色鮮やかに咲いていました。

 兄弟姉妹も森で思い切り遊んでいます!
 いつもは弟妹だけの参加になりがちだけど,やっぱり兄弟姉妹も楽しいよね♪
森の自然に囲まれて,手作りの遊具で遊ぶのはいつもとは違う格別の楽しさだと思います。
みんな笑顔で見ている私も幸せいっぱい。

そんな訳で今日はお鍋にもいつもより長ーい行列。
早く食べた〜い!!!

新しい滑り台は大人気!
 これは母がかんなをかけて作った手作り滑り台。
 母が子どもの喜ぶ顔を思って一生懸命削っていましたよ!
子どものために力を発揮できる場所,それが森なんです。
自分が作った遊具があるなんて素敵ですよね。
 ちなみにこの奥に見える見覚えのあるカエル・・・
のっしのっしと移動中!

さて,11月から雨の日と帰省していた時以外は欠かさず金曜日の森に参加したまめのきでしたが,今日が最後の金曜日。
4月からは再び職場に戻ります。
森と出会い,子どもと向き合い,仲間と語り合い,とても充実した中身の濃い毎日でした。
最初は森に行くのを嫌がったこともあった我が子だけど,気づけば「今日も森に行こう!」というくらい森が大好きに。
自然の中で遊ぶ,ただそれだけのことが子どもにとってはどれだけ楽しいことなのか。
森に行くようになってから既成のおもちゃがなくても難なく身の回りにあるもので遊ぶことができるようになった気がします。
身も心もひと回りたくましくなったような気がします。
そして私。
もしかしたら子ども以上に森が大好き!
子ども達の成長は我が子のように喜ばしく,そして我が子の成長もみんなが見守ってくれる,話を聞いてうなずいてくれる人がいる。
こんな居場所をずっと求めていたのかな。
森を通じて出会った人とのつながりはきっと一生の宝物になるでしょう。
これからも子どものため,自分のために森の活動に参加していきたいと強く思います。
森は子どものために誰でもが思い切り力を発揮できる場所,自分が自分らしくいられる場所。
きっと子ども達の笑顔のために一生懸命になれる自分を見つけられると思います。

毎週金曜日の楽しみはしばらくお預けになってしまうけど,今度は土曜日の森に私と我が子のきらきら笑顔を見つけに行きます。
だからみんな,忘れないでね。

まめのきでした。

*************************************お知らせ***************************************
現在新しいblog girlを募集中です!
森が大好きなあなた!
ブログに思いをのせて発信してみませんか?
子ども達のために力を発揮してみませんか???
参加したい方は森のスタッフ,母達に気軽に声をかけてくださいね♪
*****************************************************************************************


2010年3月25日木曜日

3月19日(金)

仲田の森にも春が訪れています。

朝から、4/9(金)に行われるイベントの準備が進んでいます。

絵本シアターの客席作り




  カステラを焼くかまど作り





カステラ試食に並ぶ親子


イベントのお知らせは追ってお伝えしますね。




私が仲田の森に通いだしたのは、ちょうど一年前の春でした。

友達に、「きっと気に入るよ!」と誘われて、春爛漫の仲田の森を

訪れました。当時まだゼロ歳の息子をおんぶし、

二歳の息子をベビーカーに乗せて。

森の中で自由に遊ぶ子どもたち、その周りで大工仕事や、

語りに花を咲かせているお母さんたち。

朝から遠出したら、お昼のお弁当を作るのも大変!でもここなら、

お鍋の具材を切ってタッパーに入れて持ってきて、おにぎりなり、

白米なり、詰めてくれば、OK! と 友達の言うとおり。

子どももよく遊ぶので、お腹もよく減り、隣のお宅のお弁当を

羨ましく思うこともなく、汁物、しかも栄養たっぷりの

美味しい同じ鍋の汁をいただける!!

なんて理にかなった遊び場なんだろう! こんな面白いことを

企画しているのは、一体どんな人たちなんだろう?

と思ったのを思い出します。

そして、それを主催しているのが、今現在自分と同じくらいの子どもを子育て

真っ最中のお母さんたちや、もう少し大きいお子さんがいるお母さん、

お父さん、現場になかなか来れなくても、中心に活動しているお父さん、

そんな人たちの手作りの、手探り中の遊び場なんだ、ということを知りました。

なんか、毎週文化祭、みたい。私が卒業した市内のH高校は、

合唱祭、文化祭ととても生徒が熱くなる学校で、みんなでああでもない、

こうでもない、言いながらいいものを作り上げていく、その過程がとても好きでした。

ここは、そんな匂いがする。



もう一つ、私を魅了したのが、「いいよ、見ててあげるから、いっといで!!」

の一言。上の子が、畑の方に行きたくて、でも 下の子はベビーカーで

寝てしまった!どうしよう・・・

困っていると、そこに居た初めて話した先輩のお母さんが、

そう言ってくださって、心が温まり、すごく嬉しく、助かりました。

身内でもないのに、そんな声をかけてくれるとは!!

戻ったら大号泣していましたが、抱っこしてくださっている方の

「泣いてても大丈夫よ」の笑顔の様子に、

とてもとても安心したのを思い出します。

みんなで子どもを見合おう、そんな雰囲気が流れている森です。



大きなこぶしの木にこぼれそうな大きな白い花を咲かせています。

子どもたちがよく登っています。

命の宿った太くて大きなこの木がもうすぐ伐採されてしまうのは、

なんとも悲しい現実です・・・



ちょっとまだ寒いけど、段々暖かくなってきたし、ちょっくらお散歩に、

工事の始まる前の静かで人の声で賑やかな森に、

ぜひ足を運んでみてくださいね。



                                                fairy

2010年3月19日金曜日

3月13日(土)

月一の土曜開催日。なかだの森日和な春めいた暖かい気候でした。
森の中は今まで茶色の風景が緑に変わってきています。

今日は何して遊ぼうか~?

 

今日はお兄ちゃんとちびちゃんのふれあいがたくさん撮れたのでご紹介します。
まずは角材を使った滑り台。

ちびちゃんもお兄ちゃん達に続けとばかりに追いかけてます☆

お兄ちゃん達は力持ち!

大人でもこれだけ人数が乗ると重いリヤカーを引けるなんてすごいっっ!!

残念なことにふれあいホール建設に伴って、畑はそろそろなくなる運命・・・。
そこで、新しい場所を探して畑作りが始まりました。

開墾作業は石と雑草に阻まれ、かなりな重労働。
お父さんが作業に加わってくれたおかげでだいぶ畑らしくなってきました。

畑作業はどなたでも参加できます。美味しい野菜を作ってみんなで食べましょう♪

お昼はお料理上手なお母さん達がトマトパスタを
格安でふるまってくれました♪

美味しさは写真を見ればわかりますよね。
なぜか眉毛もトマト色(笑)
手を食べてる??

心もお腹もいっぱいになった後は、ブログの記事に常連になっている
ボランティアで来て下さってるおじさんと積み木遊び。
どこまで高くできるかな?
積み木はもちろんおじさんの手作りです。















いないいないばぁ♪















自分の電車作りに真剣。















暖かくて気持ちよさそう。大人も寝た~い。
















4月のイベントに向けてスタッフが会場作り。
こんなに大きな山が出来ました。完成が楽しみです。















さて来月の土曜日開催は4/10(土)。
お父さんもご一緒に遊びに来てくださいね♪
                            不二子でした。


2010年3月18日木曜日

3月12日(金)

ひさしぶりに登場のmimiです 皆様お元気でお過ごしでしたでしょうか?
こちらは子供の嘔吐下痢やら風邪が続き
なかなか森に行くことができず、ストレスを溜め込んでおりました

久しぶりに森に行けると母子ともにテンション上がります
今日はたくさんお友達来てるかな~

おにぎりを2つずつ握って、今日の我が家はコーンとイチョウ切りにした大根を持って出発です
とにかく家にあるお野菜なんでもいいんです(笑)


旬の野菜を持ち寄って大きな鍋でつくる仲田鍋は毎回いろんな味付けでおいしい!


森に来た人が誰でも作れるように、お鍋づくりの9ヶ条なるものも出現


何十人分ものお鍋づくりや味付けは家庭で使う調味料と桁がちがって驚くけど
あーでもないこーでもないとたくさん味見しながらみんなで作る作業ははまります♪

家ではごろごろした野菜をあまり食べないわが子も
森のお鍋はがつがつ食べます

思いっきり外遊びしてお腹がすいてるのはもちろん
家で二人きりで食べるお昼よりきっとおいしいんだろうな


同じお鍋を大きなテーブルで
たくさんのお友達とおしゃべりしながら一緒に自然の中で食べる
母にとっても、とてもとても大切な場所です


今日のお鍋には仲田の森の畑で育てた小松菜も入ります
種をまいたのも収穫したのも子供たち
あのときまいた種がこんなに大きな葉っぱになってる!という喚声も聞こえます

この畑は「畑づくりをしてみたい!」というお母さんたちが一から作り上げた畑です
ネットをかぶせるアーチも竹のお手製
落ち葉を集めて作った腐葉土でぐんぐん無農薬野菜が育ちます



大きな小松菜になるように近くに生えている雑草を抜くなんてことも学び
 夢中で抜いてます


仕事をさぼって畑の隣で釣りする子たちも(笑)



自然が身近にあって、当たり前のことを当たり前のこととして身につけられる
こんな環境がとっても気に入っています

そして、仲田の森で、畑を作った母達のように
今わたしに何ができるだろう…こんなことしてみたい!と考えて
森で出会った仲間とともに形にしていくことが毎日をとても豊かにしてくれています






毎週月曜日と火曜日に落川交流センターで「はだかんぼう」という自主保育の活動もしています
現在部員は10数組の親子
ここでも季節の行事を楽しんだりおいしいお昼をみんなで作って食べています
興味のある方はぜひぜひ見学にお越しください♪


はだかんぼうの様子



次の金曜日がくるのが待ち遠しいmimiでした








2010年3月10日水曜日

3月5日のなかだの森


まずはじめに、みなさんの中で6(土)と7(日)に行われました
ひののんフィクション』に行かれた方いますか?