2013年11月27日水曜日

12/7(土)佐々木正美先生講演会
特集vol.4『子育て中だからこそ、学びたい!その3』

こんにちわ!ゆきこです。
11月も最終週となりましたね!
すっかり秋も深まりました。
なかだの森は今、紅葉真っ盛り!!
今日も「なかだの森であそぼう!」水曜の森です。
ぜひ落ち葉ひらひら舞い落ちる森に
遊びにきて下さいね。

さて!佐々木正美先生講演会も来週末となりました。
そして、講演会特集も残り僅かとなりました。
佐々木正美先生の講演会は
第1部2部共に満席となっておりますが、
もっといろんな方と佐々木正美先生への
想いをわかちあいたいと思い、
講演会特集を引き続き組んでいます。

過去の特集はこちらです。
ぜひご覧下さい!




さて、そんな訳で、
『子育て中だからこそ、学びたい!その3』
今回は、3人のお子さんを持つお父さんの想いです。

-----------------------------
佐々木正美先生と私
-----------------------------

東京の主要ターミナル駅から徒歩5分のコンビニ。
最近増えているイートイン・スペース。
手軽に軽食をとるには便利で、たまに利用する。
家路につく前の夜20時30分、
                                                           後ろから子どもの声が。
そこに座っていると、
ふと振り返ると、お父さん、お母さんと一緒に
お兄ちゃんは5才、妹は2才ぐらい、という見立て。
正直な第一印象は
「こんな時間に、都会のど真ん中で、コンビニで夕食か」
と言うもの。

1つの肉まんを兄と妹で半分ずつ。
「熱いよ、大丈夫?」
「あんまり食べると、この後食べられないよ。」
私の横に座ったお母さんは、
優しいまなざしで二人を見つめていた。

「これじゃ足りないか。お腹すいちゃったか。
じゃあ、もう少し何か食べるか」
と、お父さん。
「うん、○○はここで食べたら、もう寝ちゃうかな?」
と、お母さん。
お父さんと子ども達が席を立っておにぎりを買いに行った。

思わず微笑みながらこの様子を眺めていた私に、
残ったお母さんが
「すみません、うるさくして」

「私にも同じぐらいの子どもがいるんですよ。
 お腹すいてたんですね。何か食べれて、うれしいでしょうね」

「そうですかね」

そんな会話をして、席を立った。
お母さんと、こんな何気ない話しができたのは、
たぶん、佐々木正美先生の本を読んだり、
お話しをきいたりしたことは、大きく影響しているのかな、
と思ったりしながら駅までの道を歩く。

子育て中なんだもの。
思い通りにいかないことなんて、いっぱいある。

私も「こうしたい」という気持ちと
実際にやっていることのギャップが多い。
思い通りにならないことばかり。

でもやっぱり、
わが子の気持ちを見つめながら、
子育てができるといいな、と
思わせてくれた、ひと時だった。

佐々木正美先生、ありがとうございます。

あっきー

ーーーーーーー

「佐々木正美先生と私」を書いてくれたあっきー、
とてもとても子煩悩なお父さんなのですが、
最近とても仕事が忙しかったそう。
そんな中での小さな出来事を書いてくれました。



前回から引き続きご紹介している
「子どもへのまなざし」。
最終巻である「完 子どもへのまなざし」から、
正美先生の言葉をご紹介したいと思います。

佐々木正美著/山脇百合子画

アフリカには「たった一人の子どもが育つためにだって、
村中の人の知恵と力が必要なのだ」という、
すばらしいことわざがあると教えてもらったことがあります。
いま、私たちがとりもどさないといけないのは、
子どもを一人でも多くの人の手の中で
育てようという心ではないでしょうか。
それにはまず、一人ひとりがたがいに響き合える心をもって、
周囲の人達と喜びや悲しみを分かち合いながら親しい交わりの中で、
子どもを育てることができるような感性や習慣を取り戻すことです。
(「完 子どもへのまなざし」より)


----------------------
12/7(土)
佐々木正美先生講演会
----------------------

たびたびブログでお知らせしています通り、
12月7日(土)の佐々木正美先生講演会は
満席となり、申し込みを締め切らせて頂きました。
皆様、ありがとうございました。

当日の講演会での学びを
なかだの森通信25号(1月発行予定)にて
皆様にもぜひお伝えしたいと思います!

また、佐々木正美先生のスケジュールについては
ぶどうの木ホームページをどうぞご覧下さい。
先生の教室スケジュールの他、
先生のコラムも読んでいただけます。


----------------------
読んで頂き
ありがとうございました!
----------------------
特集Vol4、読んでいただきまして
ありがとうございました。
次回最終回となります。
お楽しみに!



***************************************************************************
『子どもへのまなざし』からのお知らせ
***************************************************************************
「なかだの森であそぼう!」予約不要です。雨でもやってます。
→毎週金曜日は、金曜の森。お昼は、恒例なかだ鍋
  お野菜など、自分が食べたい分持ってきてね!
→毎月第2土曜は土曜の森。次回12/14(土)!きまぐれランチあるかも?!
→毎月第4水曜は水曜の森。次回11/27(水)!お鍋はありません。



これからの予定が気になる方は、
12月の予定 & カレンダー



***************************************************************************







2013年11月26日火曜日

認定NPOへの道②

こんにちは、事務局の藤浪です。

当団体は、日野市内で様々な市民活動を行っている団体と交流をし連携を図るために、ひの市民活動団体連絡会に加盟しています。仮認定への道のりを綴った記事が「連絡会ニュース31号」に掲載されました。
少々長い文章ですが、ご紹介します。
  *******************************************************************************
 「認定NPO」という制度を意識したのは、平成21NPO設立当初からのことでした。当時は「認定NPOになれば社会的信用もできるし、寄付を集めやすくなるだろう」位の知識しかなく、認定に向けて今できることをしたいと考え、複式簿記の採用や適切な事務処理を行うことを心がけていました。

そんな、なんとなくぼんやりとした夢が現実味を帯びてきたのは、平成236月にNPO法が改正され、新しく「仮認定制度」ができると聞いたときです。実績がない団体でもPST(パブリックサポートテスト)以外の条件を満たせば「仮認定」と認められ、一定の優遇措置が受けられる間にPSTを満たす努力をすることができるというものでした。PSTとは、幅広く市民の支持を得ているかどうかを判定する基準で、認定NPOになるための最大の関門でした。それまでの「認定NPO」では、経常収入の20%以上が寄付金であることが条件となっていました。

事業を運営していくのに精一杯だった私たちは、寄付金を集めることもままならず、高いハードルとなっていました。一方で、NPOが自立した運営を行うためには、多くの方にご理解とご協力をいただき、寄付を募るしくみを構築していく必要性を強く感じていました。支援者を増やし、寄付金をどのように集めていくかが団体の課題となっていました。

設立間もない団体が、幅広い市民の信用を得ることは容易なことではありません。しかし、「仮認定」を取得すれば、3年間の仮認定期間中、PSTをクリアできるような努力をし本認定へステップアップすることができるのです。また、認定および仮認定NPO法人への寄付は「寄付金控除」または「税額控除」の対象となり、寄付者は税制上の優遇措置を受けられるというメリットがあります。メリットは実はそれだけではありません。寄付金の何割かが控除されるということは、本来税金として納められ、政治や行政によって決められていた使途を、自らが決められるということなのです。この制度によって、市民が社会問題の解決を誰に委ねるかを、主体的に決定することができます。それは、日本の寄付文化を活性化し、市民活動を豊かにしていくものと希望を持ちました。(次に続く)
******************************************************************************
連絡会ニュースもぜひご覧ください。
http://hinokaturen.sakura.ne.jp/news/news.htm



***************************************************************************
『子どもへのまなざし』からのお知らせ
***************************************************************************
「なかだの森であそぼう!」予約不要です。雨でもやってます。
→毎週金曜日は、金曜の森。お昼は、恒例なかだ鍋
  お野菜など、自分が食べたい分持ってきてね!
→毎月第2土曜は土曜の森。次回12/14(土)!きまぐれランチあるかも?!
→毎月第4水曜は水曜の森。次回11/27(水)!お鍋はありません。



これからの予定が気になる方は、
12月の予定 & カレンダー



***************************************************************************








2013年11月25日月曜日

★12月の予定★

おはようございます!
ユキコです。

早いもので、もう12月ですね〜
森は今、紅葉真っ盛り!
本当にきれいで、心洗われます。
ぜひ暖かくして、
のんびり遊びにきてね!!

-----------------------------------------------------
今週のなかだの森であそぼう!は…
-----------------------------------------------------

11月27日(水)
なかだの森であそぼう!
毎週第4水曜開催の日です。
12:00〜17:00

そして、もちろん、
11月29日(金)
なかだの森であそぼう!も開催します!!

さらに、11月30日(土)は
あきなかだに参加します!


今年で7回目を迎える「あきなかだ」(日野市子育て課主催)
なかだの森蚕糸公園で開催しますよ!
子どもへのまなざしも今年も参加して、
遊び場づくりをしますよ!
ぜひ遊びにきて下さいね〜
詳しい情報はコチラ↓

そして、そして、
来月12月の予定をお知らせしますね!

-----------------------
12月の予定
-----------------------
12月6日(金)
なかだの森であそぼう!
今回はぜいたく鍋はありません。
20日のビーフシチューをお楽しみに!!

12月13日(金)
なかだの森であそぼう!


12月14日(土)
なかだの森であそぼう!
土曜の森
今年最後の土曜の森です!
みんなで楽しもう〜

12月20日(日)
なかだの森であそぼう!
そして、今年最後のなかだの森であそぼう!
みんなでビーフシチューを囲んで
温まりましょうね〜

--------------------------

今週からも
なかだの森で会えるのを
楽しみにしていますよ〜!



***************************************************************************
『子どもへのまなざし』からのお知らせ
***************************************************************************
「なかだの森であそぼう!」予約不要です。雨でもやってます。
→毎週金曜日は、金曜の森。お昼は、恒例なかだ鍋
  お野菜など、自分が食べたい分持ってきてね!
→毎月第2土曜は土曜の森。次回12/14(土)!きまぐれランチあるかも?!
→毎月第4水曜は水曜の森。次回11/27(水)!お鍋はありません。



これからの予定が気になる方は、
11月の予定 & カレンダーを…***************************************************************************






2013年11月20日水曜日

第4回冒険遊び場全国一斉開催に参加します!!

皆さん、こんにちわ!ユキコです。

突然ですが、皆さんは日本冒険遊び場づくり協会をご存知ですか?


日本冒険遊び場づくり協会は
全国の冒険遊び場づくり活動の推進や支援を行っています。

1943年にヨーロッパで生まれた冒険遊び場は
子どもが遊びをつくる遊び場です。
大人が用意した遊びのプログラムや既成の遊具ではなく、
子ども自身の「やってみたい!」を大切に考え、
子どもの手でつくりかえることができる遊び場です。
日本で1975年に始まった冒険遊び場作りの広がりは、
現在は全国314団体(2013年8月現在)となり、
主に行政の協力のもと地域住民の手で運営されています。

冒険遊び場全国一斉開催は今年で4回めを迎えました!
子どもにとっての遊びの大切さ
冒険遊び場の取り組みを広く知ってもらうために、
毎年、全国一斉開催をしています。

そんな今年の一斉開催のポスターです
今年の一斉開催は
11月16日(土)〜24日(日)

子どもへのまなざしも
この一斉開催に賛同し、参加いたします。

ぜひ、この機会に、皆さんも
「なかだの森であそぼう!」をはじめ、
お近くの冒険遊び場に行ってみて下さいね!!

日本冒険遊び場づくり協会HPはコチラから。
全国の遊び場も探せますよ!



***************************************************************************
『子どもへのまなざし』からのお知らせ
***************************************************************************
「なかだの森であそぼう!」予約不要です。雨でもやってます。
→毎週金曜日は、金曜の森。お昼は、恒例なかだ鍋
  お野菜など、自分が食べたい分持ってきてね!
→毎月第2土曜は土曜の森。次回12/14(土)!きまぐれランチあるかも?!
→毎月第4水曜は水曜の森。次回11/27(水)!お鍋はありません。



これからの予定が気になる方は、
11月の予定 & カレンダーを…***************************************************************************






2013年11月18日月曜日

なかだの森の忘れ物

こんにちは、事務局の藤浪です。

11月15日(金)のなかだの森に、忘れ物がありました。
お心当たりのある方、
info@manazashi2009.sakura.ne.jp までご連絡ください。

これ以外にも、水筒やお着替え、靴下などの忘れ物があります。
受付に忘れ物入れがありますので、
なんか見あたらないな~と思うことがあったら、ぜひのぞいてくださいね。



2013年11月13日水曜日

12月17日(火)観劇会のおしらせ
人形アートパフォーマンス《かわせみ座》


すっかり秋ですね。
仲田の森は銀杏の香り(?)でいっぱいです。
皆様、如何お過ごしでいらっしゃいますか?

さて、毎年、質の高い舞台芸術を大好きな仲間と共に味わいたい、
という想いで企画しております「芸術鑑賞会」。

今年も、生の舞台でしか味わえない感覚、
わくわく、ドキドキ、美しい音色、役者さんの息づかい、
役者さん達と共に創り上げる素敵な空間 時間を
皆様と共に過ごしたいという想いから、
「人形劇」の鑑賞会を企画致しました。

大人にとっても、走り続けている毎日、
ちょっと立ち止まって、
忘れかけていた大切なことを感じられるような、
心がほかほかする時間を
子ども達と共に過ごせたら嬉しいなぁ~
幸せだなぁ~
と願っております。

----------

人形アートパフォーマンス《かわせみ座》
~わくわく ぽわわんシアター~
 「ちいさなおうち」
 「妖精パーンのラプソディー」
 「ピエロのウィ ブランコの夢」3本立て
 (上演時間約60分)
日時
12/17(火)
10:00受付開始 10:30開演

会場
日野市市民の森 ふれあいホール
2階・コミュニティルーム1

金額
1歳以上 1500円
第二子(1歳以上)以降 1000円

予約・お問い合わせ
kangeki2012@gmail.com

お申し込み、お待ちしております。

yumiko


※昨年の観劇会(劇団あとむ「あとむの時間はアンデルセン」)の様子はコチラです。



***************************************************************************
『子どもへのまなざし』からのお知らせ
***************************************************************************
「なかだの森であそぼう!」予約不要です。雨でもやってます。
→毎週金曜日は、金曜の森。お昼は、恒例なかだ鍋
  お野菜など、自分が食べたい分持ってきてね!
→毎月第2土曜は土曜の森。次回12/14(土)!きまぐれランチあるかも?!
→毎月第4水曜は水曜の森。次回11/27(水)!お鍋はありません。



これからの予定が気になる方は、
11月の予定 & カレンダーを…***************************************************************************


2013年11月11日月曜日

15日(金)は森の相談室です

皆さん、こんにちわ。
ユキコです!

15日(金)は森の相談室です!
子どものこと、子育てのこと、自分のこと・・・
じっくり話して気持ちを整理してみませんか?

長年、電話相談員をされていた八木さんが
あなたの気持ちのモヤモヤの整理をお手伝いしてくれます。

予約不要。時間10時半〜13時半。
いつもベンチで待っていてくれる八木さんです。
気軽に声をかけられる、いつも受けいれてくれる八木さんです。
ぜひ皆さんも声を掛けてみてくださね。

-----------------------------

今年で3年目になる森の相談室。
「相談室」といっても、場所は八木さんに声をかけたその場所で。
時には丸太に腰掛けながら、時には森の中を散歩しながら、
時には我が子が遊ぶ姿を目で追いながら、
そしてスタッフや手の空いてる母達に我が子を見てもらいながら。
時間はみんなの心が晴れるまで。
森のなかの清々しさと八木さんの寄り添う気持ちで
少しずつ心の整理ができていきます。


***************************************************************************
『子どもへのまなざし』からのお知らせ
***************************************************************************
「なかだの森であそぼう!」予約不要です。雨でもやってます。
→毎週金曜日は、金曜の森。お昼は、恒例なかだ鍋
  お野菜など、自分が食べたい分持ってきてね!
→毎月第2土曜は土曜の森。次回12/14(土)!きまぐれランチあるかも?!
→毎月第4水曜は水曜の森。次回11/27(水)!お鍋はありません。



これからの予定が気になる方は、
11月の予定 & カレンダーを…***************************************************************************



2013年11月6日水曜日

12/7(土)佐々木正美先生講演会
特集vol.3『子育て中だからこそ、学びたい!その2』



おはようございます!
ユキコです。


一昨日の市制50周年記念祭に来て下さった皆さん、

ありがとうございました!


佐々木正美先生講演会特集第3回目となりました。
過去の特集もぜひご覧下さいね!


既にお知らせしておりますが、

佐々木正美先生講演会、第1部2部とも満席となりました。
ですが、この講演会をきっかけに、
もっといろんな方と
佐々木正美先生の言葉を分かち合いたいなぁ、
学びたいなぁ!と思い、
特集を引き続き組んでいます。

ということで、早速
「佐々木正美先生と私」をご紹介しますね!


--------------------
佐々木正美先生と私
--------------------


さて、今回、「佐々木正美先生と私」を
書いてくれたのはむーちゃん。
私の娘と同じ小学1年生の女の子を持つお母さんです。


*  *  *  *  *

「なんか、今 違うな」と思ったら、読みます。


子どもとうまくいかない、
なんだか毎日喧嘩してるぞ?! と、思うときとか、

「子どもへのまなざし」の目次をながめつつ、

今の自分にあった、ピンときたところを開いて読んでいます。



で、読むと、たいてい 涙目ですね。

本当に 心に しみるんです。
子育てしてると いろんな問題に悩むと思いますが、
だいたい いつでも 心にしみるんです。

新しい知識が増えるというよりは、
自分の歩んできた人生を整理されてるような感じです。

子どもの頃 感じていた事を、
思い出すこともあります。

子どもの頃どんな言葉を求めたか、
何が嬉しかったか、
哀しかったか、
思いおこされます。
だから涙目なのでしょう。

佐々木正美さんは 児童心理学者で、
「子どもへのまなざし」は育児についての本ですが、
子どものこともさることながら
いつも自分のことにたちもどって考えてしまう本です。

幼児期の幸福は、大人にも通じていて、
人が本来持っている根っこの幸福に
繋がっているんだなと教えられます。

他の育児本を読めば、
いつまでに何をさせなければいけないとか、
親がすべき、 しなければいけない 膨大な課題に
心が押し潰されそうになるけれど
佐々木正美さんの本は
そんな 焦燥感を一度リセットしてくれます。

そんな、常に原点にたちもどれる本ですが
私の中で、新しく発見し、人生に足されたことがあります。

それは、 「100%じゃなくていい」という メッセージです。

「自分のことは自分でやる、他人に迷惑はかけない」
  親から日々言われていた言葉でした。
そうする事が人として自立することだと思って大人になりました。


そして、今は より多くの大人や親が そう考えていると思います。



けれども、「子どもへのまなざし」を読んでいくうちに、
少しづつ、違うのかもな、と思うようになりました。



人には必ず、できない事があります。

本人が治したいと望んでも、
できない事が誰でもあります。

そのことを、 恥ずかしく思って、
隠したり、避けたりしてきましたが
できないなら、周りの人に頼めばいい、
100%できなくてもいいと思えるようになったこと、
他人にたよって、他人からもたよられる。
そのことを心にとどめておくことで、
かせが一つ外れたように、
親として、夫のパートナーとして、
自分自身のこれからが
すごく楽になりました。

このことは「子どもへのまなざし」全巻を通して
感じるメッセージでした。

人として、受け入れられる喜びと、
こたえられる喜びが人を支えているんだと思える
貴重な一冊になる本です。

*  *  *  *  *



前回から引き続きご紹介している
「子どもへのまなざし」。
今回は「続・子どもへのまなざし」を
ご紹介しようと思います。


佐々木正美著/山脇百合子画

「続・子どもへのまなざし」は
前作の「子どもへのまなざし」の読者の方々から
寄せられたたくさんの感想や質問に足して、
佐々木正美先生が答えてくださりながら
文章が進んでいきます。

その中で、最初の方に先生は
『「今日よりも明日が」という気持ちが大切』
『過去を振り返るのではなく、今からを考える』
と書かれています。

私も「子どもへのまなざし」を読んで
むーちゃんと同じように
自分自身のことをいろいろ振り返るのですが、
いつもその言葉に励まされる気持ちがします。




----------------------
12/7(土)

佐々木正美先生講演会
----------------------

たびたびブログでお知らせしています通り、
12月7日(土)の佐々木正美先生講演会は
満席となり、申し込みを締め切らせて頂きました。
皆様、ありがとうございました。

当日の講演会での学びを
なかだの森通信25号(1月発行予定)にて
皆様にもぜひお伝えしたいと思います!

また、佐々木正美先生のスケジュールについては
ぶどうの木ホームページをどうぞご覧下さい。
先生の教室スケジュールの他、
先生のコラムも読んでいただけます。


----------------------
読んで頂き
ありがとうございました!
----------------------
特集Vol3、読んでいただきまして
ありがとうございました。
次回もどうぞお楽しみにしてください!


***************************************************************************
『子どもへのまなざし』からのお知らせ
***************************************************************************
「なかだの森であそぼう!」予約不要です。雨でもやってます。
→毎週金曜日は、金曜の森。お昼は、恒例なかだ鍋
  お野菜など、自分が食べたい分持ってきてね!
  月1回はぜいたく鍋。11/8(金)は「ワンタン鍋」ですよ~。
→毎月第2土曜は土曜の森
  次回11/9(土)!きまぐれランチはミートソース
→毎月第4水曜は水曜の森。次回11/27(水)!お鍋はありません。



これからの予定が気になる方は、
11月の予定 & カレンダーを…***************************************************************************