2015年9月28日月曜日

Kくんとザリガニ  


《 先週(9/18)の森でのエピソード 》


「 Kくんとザリガニ 」


この日のKくんは
なかだの森に到着するとすぐに
「ザリガニどこ?」
でした


前の週
干上がった水路で
大きいお兄さんたちが、これでもか!という位
 たくさんのザリガニを捕まえていました
Kくんが「ザリガニ見せて」
と言うと
「ほーら!」と鼻先に差し出された立派なザリガニ
いきなりでビックリしたのと
真っ赤なハサミを振り上げて怒っているザリガニの姿に
すっかり怖くなって泣き出すKくん
そして
そばに笑顔で見守るKくんのお母さん
お兄ちゃんたちも一生懸命なんだからしかたないねぇ
ちょっとだけのぞいてみたかったKくんの気持ちには
お構いなし・・・

そしてこの日、Kくんが森に来たのは
ちょうど幼稚園のお兄ちゃんも小学生のお兄ちゃんも
まだ来ていない時間
とことこと走って来て開口一番
「ザリガニどこ?」
でした


先週はザリガニが怖かったんだけど
私は心の中で「怖いもの見たさなのよね」
と思いながら一緒にザリガニを探すことにしました
子どもたちとザリガニ探しをすると
「いた!」
と子どもたちが叫んでいるのに
私だけ「どこ?」と見つからないことも多い
だからKくんとザリガニが見つけられるか
ちょっぴり心配だったんだけど・・・

見つけました!

それも特大の真っ赤なザリガニ
どうやら用水路の中で寝ているみたい

Kくんと
「ザリガニさん寝てるね。しっーだね・・・」
と見ていると
ちよこさんが通りかかって
あっという間にゴミをつまむハサミでつまみ上げて
水路の橋の上にポイと置いてくれました


それはそれは大きなハサミを
振り上げて怒る真っ赤なザリガニ!

怒りすぎて自分のハサミの重みで
でんぐりかえっちゃうほど怒っています

私だって、挟まれそうで怖い怖い・・・

そこへKくんのお母さん
「持ってみよっか!」とつまみ上げました

お母さんってすごいね!

そしたらKくんもやりたくなって
何回も何回も迷いながら
慎重にそおっと持ち上げて・・・
こちらが生まれて初めてザリガニを持てたKくん


それはそれはご機嫌です

そしてこの後
ずーっとザリガニを離さないKくん
とことこ走って
すってんころりんと転んでも
ザリガニを持つ手は離しません

ここにも登れるよ・・・



と乗せてみて
ザリガニがスルスルと滑り落ちてしまうと
「すべり台みたいだねぇぇ」

そうこうしているうちに
手を離しても
さっきみたいにハサミを振り上げて怒らなくなったザリガニ
「もう、怒らないみたいね。怒ってよー」
とザリガニに話しかけるKくん
そして
ピクリとも動かなくなってしまったのでした
「寝てるのかなぁ~?起きて、起きてよー」
とKくん
「死んじゃったみたいだね」と私
「死んじゃった?」
「そう、死んじゃったからお墓に埋めてあげようか」

「うん、お墓だね」
とトコトコついてくるKくん

穴を掘って土をかけて
私が「ザリガニさん、ありがとう、ゴメンね」
と小さい声で言うと
Kくんも「ありがとう!」と手を合わせました
なんでもまねっこしたい時ですからねぇ
そして「ここ、もう一回掘ってみよっか?」って
ニコニコしながら言うのです
もちろん
それはしませんでしたけど☆



自分にも記憶がある
子ども時代に蟻を水たまりに落として
「泳いでる!」と喜んだり
弟がセミの羽に糸を付けて飛ばしていたのを覚えている
小さい時に虫などの生き物に触れ
それが手のひらの中で動かなくなた経験は
誰にでもあると思う
いつか
Kくんも「命」を感じる
その瞬間が来るのだと思う
それは理屈ではないし
ましてや教え込むものではない
それは自分自身の心で感じるものなのだから☆

だからその時を待っていよう

そう、急がずにゆっくりと・・・
(hiromin)







2015年9月26日土曜日

9月25日(金) 雨あめ、降れふれ、ランランラン ♪


またまた、雨です!
予報では「1日雨降り」らしい
これでは森で過ごそうという気になれないよねぇぇ~

と思っていたら
いました、いました、強者たちが・・・

「雨の日だからって外に出さないのは親のエゴの気がして・・・」
となかだの森「雨の日デビュー」のお母さん

第二子の出産では入院生活が長くてご苦労されたとか
大変でしたねぇぇ
「パパがすっかりキレイな子に育ててくれちゃって」
とおっしゃっていましたが
なかなかどうして、水たまりで楽しそうにすごしていましたね☆


こちらは水たまりで酔っ払いのようにはしゃぐHちゃん!

「カッパのズボンを買ってあげようかなぁ」って
履いていても、履いていなくても、びっちょびちょなんですけど・・・
これからの冷たい雨の季節には必要かもしれませんね

雨の日の森は
少人数でしっとり過ごせるのもいいところです
栗を茹でたり
こんなの焼いて食べたり・・・
「えい!やー!」と一歩外に出てしまえば
案外、のーんびりゆーったりあそべるんですよ!!

お昼ご飯を食べたら
焚き火のそばでお昼寝
大人だってうとうとしたい・・・

美術大学の学生さん
「公園のベンチ」をテーマに取材中でした

サスケくんとりかさんは「焼き栗」をもくもくと作っています☆
みんなで美味しく食べたいと子どもたちを待っています

「茹で栗」も大人気☆

焚き火を囲む午後のひととき・・・

ザリガニの家づくりをしているらしい・・・
大人も子どもも・・・
ちょっと近すぎませんか?
カッパが心配です・・・

炊きたてご飯はまーだかなぁぁ~
森に傘おばけが出現
で、にげろー!!
カッパ着てるのに傘
そう、傘に憧れる年頃です
これは特別な傘でした

なんとお父さんの傘は、家紋入り。しかも持つところは刀の柄!!




ではまた、来週に・・・

来週は水曜森と金曜森の2回開催です!

そろそろトウカエデが赤く染まりはじめましたよ
森で秋の深まりを感じませんか?

色づく秋を目で感じるのもよし!
秋の虫たちの声を耳で感じるのもよし!
焚き火のぬくもりを肌で感じるのもよし!
美味しいものを焼く匂いを鼻で感じるのもよし!
もちろん、美味しいものを焼いて舌で感じるのもよし!

そう、いいこといっぱいの森でお待ちしています☆



次号の「なかだ通信」発行に向けて
全力で頑張るゆきちゃんの代行 hiromin がお届けしました☆



***************************************************************************
『子どもへのまなざし』からのお知らせ
***************************************************************************

「なかだの森であそぼう!」予約不要です。雨でもやってます。

→毎週金曜日は、金曜の森。お昼は、恒例なかだ鍋
  お野菜など、自分が食べたい分持ってきてね。

→毎月第2土曜の土曜の森、次回10/10(土)
  土曜の森は、お肉入りぜいたく鍋つくりますよ~。
お野菜など、自分が食べたい分持ってきてね。


→毎月第4水曜の水曜の森、9月だけ9/30(水)
  お昼は、なかだカレーつくります。
  一緒に食べたい方は、具になるお野菜など持ってきてね。

詳しくは、今月の予定をみてね。


私たちの活動を応援しませんか?

・寄付で応援!
・情報シェアで応援!facebook「いいね」で応援!

詳しくは、HP「応援したい人」をご覧ください!

***************************************************************************



2015年9月18日金曜日

【あそべ!子どもたち!事業】「飛び出せ!冒険隊!」2015
自転車で51キロの冒険の旅

今年で3年目となる「飛び出せ!冒険隊!」

この企画は、大人があらかじめ全てを
決めてしまうのではなく、
子どもたち自身が「やってみたいこと」「挑戦したいこと」を
出し合い、相談しながら活動を組み立てていくことが特徴です。
もちろん、往復が自転車というのもこの企画の特徴です。



7月に2回、8月に1回、計3回の準備会を経て…

今年度は3年生以上14人、スタッフ4人の18人で

さあ!8月19日の朝、3回目の冒険隊が
自転車の旅へ出発します!
メンバーの体力やお天気と相談しながら
全力であそぶ3日間。
自転車は点灯すればケガはつきもの。
車が通る道も行くので緊張もする場面も
多々あるのですが、そのドキドキも冒険には欠かせない。

自分の力で乗り越えた道のりは、もうすでに君のもの!
力を出し切った子どもたちの顔はとてもたくましく、
誇らしくさえ、感じました。

この3日間の様子を写真で少しだけすが、
皆さんにご紹介します!

*  *  *



出発してすぐ。川沿いを通ります!!

羽村の堰での休憩タイム。
ここで遊びすぎると目的地に
到着しないかもしれないのですが…!?

大休憩ポイントで大いに川あそび。
本気で川の流れに飛び込んだり、
流れに逆らってどこまでも行ったり…

翌日。テント設営、夕飯、川でのお風呂。
で夜から雨模様。せっかくの川あそびが…。
でも女子チームは冷たい川に次々と飛び込み。

くまひげさんに教わった「あんまづり」に
夢中なのはAちゃん。
本当に一日中夢中になっていました。
そして、技を子ども同士教え合う姿も
ステキでした。

こちらはKくんが獲った魚を
焚き火で焼いている所。
男子チームが焚き火の側で
語り合う様子もいい雰囲気☆


焚き火で燻製を作り始めたり、
兄弟についてのつぶやきあいがあったり、
黙って焚き火を見つめているだけで
幸せな夜。
ずーっとこの時間が続いてほしいね。

最後の夜はお楽しみバーベキュー。
カメラマンとして参加してくれたペロくんが
いい焼き具合で焼いてくれました!


最終日の21日(金)、テントの撤収。
荷物の片付けを終えたらこんな時間!
一路日野を目指して自転車を走らせます。
そして、8月21日(金)、冒険隊のメンバーが
無事に帰ってきました!!
今回は往復51キロの道のり。
初参加で精一杯の子と、
まだまだ物足りない子がいたようです。

初回から参加してくれた6年生のみんな、
今年で冒険隊は卒業ですが…
これからもずっとつながっていきたい!
と思っています。

*  *  *

さて、最後に…
今回、私も、娘(小3)が初参加しました。
主役は「行く!」と決めた我が子!
「行きたい!」「やってみたい!」
「でも…大丈夫かな?」
そんな我が子の背中を
自分のドキドキする気持ちを隠しながら
見守ることができて良かった!!
帰ってきた時の誇らしい顔をみて、
本当にそう思いました。

なかなか母同士も会うことがないこの企画、
同じように参加を決めた子の母は
どうなふうに感じて、受け止めたんだろう?
聞いてみたいな、と思いました。

それで、今回、2人のお母さんにお願いして
子どもを送り出した母の感想を書いてもらいました。

一人目は初回から3回連続で参加している
小6の男の子のお母さん。
二人目は今回初参加の小4ん女の子のお母さん。

送り出した母の気持ちも、ぜひ読んでみてください。

*   *

最初は、お友達に「子どもがすっごく
楽しい企画なんだよー。」と教えていただいて
「川であそぼう!がきんちょ団」に
参加させていただきました。
「飛び出せ!冒険隊!」は初年度から
連続で参加させていただき、3回目になります。
毎年参加する度に、自然体験を増やし
たくましく成長していると感じます。

うちの子は小さい頃から生き物
特に魚が大好きな子で、
スーパーに行くと魚売り場に張り付き
家では魚の図鑑をいつも見ていました。

幼稚園の頃からは、暖かい季節になると
毎日のように近所の用水路に行って
魚捕りをしていました。

小学生になると魚博士のアダ名をつけられました。
「川がき」のお迎えの時には
いつもいい笑顔で帰ってくるのを思い出します。

自然や川でいっぱい遊ばせてくれるというのが
うちの子の求めていることとピッタリでした。

体力はあまりない方だったので、「飛び出せ!」は
自転車の旅ということなので
本人は大丈夫と言ってはいましたが
みなさんについていけるのか、迷惑をかけていないか、
初年度はとても心配でした。

でも、川ガキの頃からの
馴染みのスタッフのみなさんと一緒だったので
ぜひ参加させたいと思いました。
とにかく、暖かく見守ってくださいますし、
思い切り遊ぶというコンセプトがいいですね!

好きなことを思い切りさせてあげたい!と思ってはいますが
正直、私ではここまで子どもに付き合うことはできません。
真夏の暑い日に、危険も伴う川で…
安全面も考えてくださって、本当に感謝しています。
支えてくださった皆さま、ありがとうございます。
(小6男子母)

*  *  *

初めて参加した娘は、準備会で
話し合いを重ねる中で楽しみな気持ちを
膨らませる一方、
「私ついていけるかな…」と少し不安な気持ちで
出発当日を迎えました。

送り出した私は、
「きっと楽しんでいる!」と思いつつも、
なんだか落ち着かない3日間を過ごしました。

くたくたでよれよれの状態で帰ってきた娘が、
とてもいい顔をして帰宅したのを見た瞬間、
今年の「飛び出せ!冒険隊!」に参加できて
本当に良かった!と思いました。

夏休みの宿題の「この夏一番の思い出」にも、
この3日間の絵日記を書いていて、
「みんなと一緒に行ったから楽しかったんだよ」と
言ったことが印象的でした。

中学年になり、日々のことに追われて
楽しいことがあまりないと言っていた娘が、
久しぶりに生き生きとした表情で
楽しかったあれこれを話してくれました。

幼児期には、私から離れることができない
タイプだった娘が、数年後には
こうして新しいことに挑戦し、
仲間と一緒に楽しむことができたことを
うれしく思います。

一緒に過ごした仲間たち、そして
スタッフの皆さん、ありがとうございました。
(小4女子母)


--------------------------------------------------
あそべ!子どもたち!事業とは
--------------------------------------------------
「あそべ!子どもたち!事業」は子ども時代の
「あそび」を保障するための取り組みです。
子どもの体験不足が叫ばれる今、
山や川であそぶことを特別なものではなく、
日常的な「あそび」の一つとなることを目指しています。

そのため、この事業に共感して下さる皆さんのご寄付や会費を使い、
安全に配慮しながらも参加費用を極力抑える努力をしています。

活動を通して、子どもたちの「やってみたい!」を
保障することの大切さを実感し、
これからも活動を続けていきます。

皆さんの応援が活動の力となっています。
応援よろしくお願いいたします!

***************************************************************************
『子どもへのまなざし』からのお知らせ
***************************************************************************

「なかだの森であそぼう!」予約不要です。雨でもやってます。
次回、9/18(金)です!


→毎週金曜日は、金曜の森。お昼は、恒例なかだ鍋

  お野菜など、自分が食べたい分持ってきてね。

→毎月第2土曜の土曜の森、次回10/10(土)

  土曜の森は、お肉入りぜいたく鍋つくりますよ~。
お野菜など、自分が食べたい分持ってきてね。

詳しくは、今月の予定をみてね。



私たちの活動を応援しませんか?

・寄付で応援!
・情報シェアで応援!facebook「いいね」で応援!

詳しくは、HP「応援したい人」をご覧ください!

***************************************************************************